作成者別アーカイブ: NJBP

9月のNJBP+と新日本BGMフィルの活動方針の一環について

 皆さんお元気ですか。自称代表の市原です。

 お越しくださった皆様は当然ご存じだと思いますが、9月のNJBP+では色々とありまして、久しぶりにこうして筆を執った次第です。

 9月のNJBP+は前半が「弦楽四重奏」、後半が「クラリネット五重奏」をお送りいたしましたが、なんと満席となりまして、名曲喫茶カデンツァがいつもより小さく感じる盛況ぶりでした。本当にありがとうございました。

 特にクラリネット五重奏は初の試みでしたが、良い公演をお届けできたのではないかと思います。あ、クラリネット五重奏と言っても、クラリネットが5人ではありません。弦楽四重奏+クラリネットでクラリネット五重奏と言います。

 アンサンブルを奏者の息づかいまで聞こえる間近で聞ける機会というのはあまりありませんし、特にプロが演奏するゲーム音楽においては皆無と言ってもいいかと思いますので、少しでもご興味があればNJBP+に是非ご来場くださればと思います。毎月欠かさず公演をやってるのなんて世界でもBGMフィルだけでしょう! きっと!

 さて、そんな9月のNJBP+でしたが、一つ通常と異なる点がありました。

 先日、日本に上陸いたしました台風10号。関東では夜寝ているうちに大した被害も出さず通り過ぎていったため、朝来なかったのが残念、なんで夜に通り過ぎるんだ、会社を休むチャンスだったのに。そんな冗談がSNSで乱れ飛んでおりました。

 しかしそれは関東だけのお話。テレビでも報道されていましたが、関東では「大したことなかった」台風10号は、東北、北海道にとても大きな爪痕を残したのでありました。地域によっては東日本大震災以上の被害状況だったそうです。

 そんな折り、私の友人であり、BGMフィルのメンバーとも関わりのある、岩手県久慈市出身の歌手、ゆげみわこさんがちょうど台風の前日に久慈市に里帰りをしており、台風が直撃する様を現地で体験しておりました。それはそれは町中が大変な様相を呈していたそうで、家屋は水没し、道路は水流で壊れ、町がほとんど機能しなくなるような有様だったそうです。

 台風一過、ネット越しに伝わってくる、町中が一丸となって前向きに復興を目指す様は、人間の素晴らしき生命力を感じるとともに、震災であれだけの目に遭わされて、なぜまた……とやりきれない想いになるものでした。

 そんな時、松宮選手より、せっかくのご縁、ゆげさんとコラボレーションで一曲披露して、義捐金を募るのはどうだろうかという発案をいただきました。それは名案とゆげさんに打診したところ、なんと9月のNJBP+をお客様として見に来る(8月の国本さんスペシャルにも来ていました)と言うではないですか。

 それならば是非にと急遽出演をお願いしたところ、公演前半の最後に、久慈で見たこと、感じたことをお話しいただき、宮沢賢治作詞作曲の「星めぐりの歌」をアカペラでご披露いただくこととなりました。

 その結果、お客様よりなんと23,190円もの募金をいただくことができました。予想を遥かに超える額を見まして、お客様には感謝してもしきれません。BGMフィルは本当に素晴らしいお客様に恵まれているのだと心から嬉しく思いました。本当に本当にありがとうございました。

 また、別途BGMフィルからも28,000円を義援金としてお送りすることとなりまして、計51,190円をゆげさんにお渡しし、久慈市へ直接持っていっていただくこととなりました。

 なお、ご報告が遅れておりますが、今年4月、熊本地震の後に開催いたしましたNJBP+においても、賛助出演したトランペットの田尻さんが熊本出身だったため、NJBP+の場において田尻さんが地震の直後に熊本に支援に行った話と、募金を募ったところ、温かい気持ちをたくさんいただいております。こちらはご報告まで今しばらくお待ちください。

 このように、田尻さん、ゆげさんとご縁があったからではありますが、それに限らず、BGMフィルでは出来る限り、募金、義捐金といった貢献が出来ればと思っております。しかしながら、そうした活動をするにはまず自らのことをきちんとしなければなりません。他人の力になるには自分にも相応の力が必要です。そのためにはもっともっと多くのお客様に足をお運びいただき、オーケストラの基盤をしっかりさせていく必要があります。

 これからも努力してまいりますので、どうか今後ともご支援、ご声援、そしてご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

新日本BGMフィルハーモニー管弦楽団
代表 市原雄亮

動画撮影の舞台裏など

 皆さん、元気ですか! 元気があればバケツも叩ける! 代表チックな市原です。

 バケツって何? そんなアナタも、そうでないアナタも、NJBPがお送りする第一弾動画はもうご覧いただけましたでしょうか。

 題して

「任天堂ファミコンタイトル微妙にマイナーメドレー」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25585092

続きを読む

2月のNJBP+間もなくです

 月一恒例のNJBP+ですが、2月の公演は今週の土曜日14日になります。

 2月14日といえば、そう、バレンタインデー。NJBP初となるバレンタインデーコンサートになります。活動を始めて初めて(ダジャレではありません)2月を迎えるので当たり前なんですけども、そしてだから何なんだと言われると、普段のコンサートと変わらず特に何も無いのですが、せっかくですのでソロでもアベック(死語)でも3人でも4人でもご来場いただきまして、西南西の方向を向いて太巻き寿司でも食べながら年の数だけ豆を食べてお楽しみいただけたら嬉しいです。

 今回は、既にNJBP+に登場したヴァイオリンの小林明日香、トロンボーンの白井友理恵が出演する他、チェロの神野洋平、トランペットの荻原和音のお披露目コンサートという事にもなります。両名ともこれからのBGMフィルを担うメンバーですので、どんな人物なのか、どんな音を出すのか、是非とも実際に見て知っていただければと思います。

 ここで小林から皆様へメッセージをお預かりしております。

「カデンツァさんはマスターが一杯のコーヒーに全力を傾けているそうで、私も飲んだのですが本当に美味しいです。NJBPの演奏ももちろんですが、美味しいコーヒーもおすすめです。美味しいコーヒーと楽しいゲーム音楽でいい時間をすごしていただければ嬉しいです!」

 との事です。

 NJBP+は約2時間たっぷりプロによるゲーム音楽演奏が聞けて、1ドリンク付で2,500円というお得な公演。プロの演奏ってどんな感じなんだろうという方から、少人数のアンサンブルっていいよねという通の方まで、幅広くお楽しみ頂けますので、どうぞご来場ください!

 コンサート詳細

 チケット予約フォーム

1月のNJBP+は必見です

 皆さん、元気ですか! 元気があれば年も越せる。ガキの使いでは遠藤のプテラノドンが一番ツボでした。代表らしき市原です。

 ところで、1月10日(土)にNJBPが2015年最初のコンサートを行う事をご存知でしょうか。NJBPが行う公演の中でも一番ライトなNJBP+なのですが、11月12月とは少し様相が異なります。

続きを読む

11月の「NJBP+ @月のはなれ」無事終了

 皆さん、元気ですか! 元気があればライブも出来る。何故か今日本海側にいます。市原です。

 昨日、11月18日にNJBPの初陣となる「NJBP+ @月のはなれ」が開催されました。

 お客様が3名(素数)とか5名(素数)とかも覚悟していたのですが、蓋を開けてみれば20:00、21:00、22:00の3回のうち、初回は満席御礼で立ち飲みになった方がいらっしゃるほどの盛況で、残り2回もほぼ満席をいただく事ができました。平日にも関わらず足をお運びくださったお客様には心から御礼申し上げます。

続きを読む

NJBP Tips 月のはなれへのご招待

 皆さん、元気ですか! 元気があれば筆も進む。今日はあれやこれや約4時間で12,000字近く文章を書きました。指揮者より文筆業の方が向いているのかもしれません。文章のお仕事いつでも募集中、代表の市原です。なお、いくら文字数が書けても肝心の内容が残念なのでダメな模様。市原指揮者、無念の憤死。

 さて、ついに1週間後に迫った「NJBP+ @月のはなれ」についてです。

続きを読む

「NJBP+」とは?

 皆さん、元気ですか! 元気があれば何でも出来る。まだまだ半袖で過ごせますね。市原です。

 11月2日に公式サイトがオープンしたわけですが(10月公開と言いつつちょっと遅れてしまいました)、早速、来たる11月18日にNJBP初となる演奏機会が控えています。

 その名も

「NJBP+(エヌジェービーピープラス)」

 というタイトルなのですが、今日はこのNJBP+というものについて、ちょっとご説明したいと思います。

続きを読む

新日本BGMフィルハーモニー管弦楽団、始動です

 日本BGMフィルハーモニー管弦楽団(JBP)の解散から約半年。JBP発足時に目指していた理念をもとに「新日本BGMフィルハーモニー管弦楽団」(NJBP)として新たに誕生します。

「代表 市原雄亮からのコメント」

 活動開始をお待ちくださっている皆様、お待たせしました。「何だこれは!?」の方、はじめまして。もうすぐ「新日本BGMフィルハーモニー管弦楽団」が動き出します。

 新日本BGMフィルは、去る2014年3月に解散した、日本初のゲーム音楽専門のプロオーケストラ「日本BGMフィルハーモニー管弦楽団」において、創設者である私、市原が立ち上げ当初に掲げたコンセプトを引き継ぐ”インディーズオーケストラ”として新たに誕生します。

続きを読む